Now Loading...
 

渡り配線の接続工事は「φ1.6mm」でも問題ない?

家電量販店でエアコンの工事を依頼したとき、
いろいろな理由で工事を断られる場合があります。


その手の事例の一つが、
「VVF(渡り配線)の規格(太さ)が『φ2.0mm』でないと工事できない」というものです。

まず結論から先に言いましょう。

渡り配線は『φ1.6mm』でも『φ2.0mm』でも工事すること自体は可能(※)です。
※ ダイキン、三菱電器以外のメーカーは事情が異なります。ご注意下さい。

ですので、必ずしも『渡り配線』が「φ2.0mmでなくてはならない」というわけではありません。

当ページでは、これについてもう少し詳しく解説していきたいと思います。

「渡り配線」「連絡線」とは何か?

まず、用語とその意味からきちんと整理していきましょう。


出典、画像引用元:「カワイ電線株式 VVF」より


「渡り配線」は、エアコン本体(室内機)と室外機を接続するケーブルの部分を指し、これを「連絡線」「信号線」「制御線」等とも呼ぶ人も居ます。

実際には、図のような「VVF電線」と呼ばれるケーブルがエアコンと室外機を接続する際に用いられます。

エアコン冷暖房の「強弱」や運転方式の切替をリモコン操作や壁埋めの「手動パネル」操作で行うことがあります。このとき、エアコン本体と室外機は運転の仕方やエアコンの温度調整をコントロールするための「信号のやり取り」を行っています。

この「信号」の送受信を行っているのが、エアコン本体と室外機を接続している配線(渡り配線)なのです。

渡り配線が「信号線」「制御線」等と呼ばれるのはこのためです。

「渡り配線」の工事はφ1.6mmでも可能?

冒頭の結論の繰り返しになりますが
「φ1.6mm」でもエアコンの取付工事は出来ます。

ただし、以下の点について注意して下さい。

「ダイキン」「三菱電機」のみ ⇒ 「φ2.0mm」、又は、「φ1.6mm」で配線工事が可能
「ダイキン」「三菱電機」以外のメーカー ⇒ 「φ2.0mm」での配線工事が可能

ちなみに、上記は、ダイキン製品の未開封箱の側面を撮影したものです。
「3芯VVF φ1.6またはφ2」
と記載されているのがわかりますね?

つまり、ダイキンのエアコンを
「φ1.6mmとφ2.0mmのどちらでも取付けて構わないよ」
とダイキン自身が言っているわけですね。

何故、「φ1.6mm」の工事を断るところが多いのか?

では、何故、家電量販店や工務店は
「φ2.0mmじゃないと工事しませんよ?」と工事を断るケースがあるのでしょうか?

これについては、幾つかの理由が考えられます。

・ 渡り配線を「φ1.6mm」で工事しても問題無いことを理解していない?
・ 量販店の下請け工事屋があまり進んで工事したくないと思っている?
・ メーカーも販売店側も「不要なリスクは取りたくない」と考えている?
・ 「隠ぺい配管の敷設・再利用」を伴う工事はやりたくない(できない)?

渡り配線では、室内機(エアコン)と室外機の間が制御信号のやり取りをしているだけです。
渡り配線側が電圧を供給しているコンセント(電源)側の電気回路とは事情が違う、
ということを単に量販店の販売員が理解していないだけなのでしょうか?

エアコンと室外機の間の制御信号は「弱電」の電気信号が流れています。
なので、100Vや200Vのような高圧な電圧は渡り配線に必要ないわけです。

共用コンセントからエアコン本体へ電圧を直接供給するパターンでは
電源側の回路は100Vの電圧になります。

ですので、
「無難な配線工事をするなら、電源側の配線はφ2.0mmでやった方が良い」
という方も確かにいます。

ですが、図のように、「渡り配線の部分」は単なる信号線なので
「φ1.6mm」のVVFで配線接続(※)することも可能なのです。
※ (注) ダイキン、三菱電機のみ。



また、もう一つは「隠ぺい配管」の存在が考えられます。


「隠ぺい配管」は、上記の図のように壁や天井等に埋め込まれて(埋設されて)いる配管です。
 ※ 図の赤の箇所は、エアコンガスの「冷媒配管」(「行き」と「戻り」)とドレンホースです。

例えば、建物や屋内の物理的な条件によっては、
エアコンを設置する際に、「隠ぺい配管」の敷設、または、再利用が必要となる場合があります。

隠ぺい配管を敷設するためには、壁改修の工事やリフォーム等の
「エアコンの取付け工事」以外の作業が必要になってしまいます。

家電量販店は、
このようなパターンの(隠ぺい配管の利用が必要となる)エアコン工事については
あまり「積極的にはやりたくない(技術的にできない?)」、ということでしょうか。

確かに、エアコン工事での隠ぺい配管は、
「配管の露出がないので外観が綺麗」というメリットがある一方、
「工事費用が割高になり易い」「施工に技術が必要」等のデメリット
エンドユーザーや工事業者側にありますよね。

「薄利多売」がモットーの家電量販店にとっては、
後者の「デメリット」の部分が大きすぎる、ということなのでしょう。

誤った認識がお客様の選択肢を奪っている可能性

たとえば、お客様によっては、既設のφ1.6mmの配管を再利用したい
と考えている方もいるでしょう。

こんなとき、

「いやダメです。これは『φ2.0mm』で配線工事しないとダメなんです。
だから、○○形のエアコンを買ってもダメですね~」


と、量販店の店員に説明を受けたら貴方はどうしますか?

これは、
再利用しようとおもえば再利用できる既設配管であるにもかかわらず
誤った認識によって「このパターンは工事できないよ?」
という話に変えられてしまっている可能性はないでしょうか?

「ユーザーの選択肢が奪わていることになっていやしないか?」ということなのです。

「本来ならできるハズの工事なのに『できない』という回答を貰い、工事を拒否された」
「その結果、違う機種を押し付けられ本来の予算を大きくオーバーする工事見積になった」


こういったお客様がこの世から一人でも減るように、
弊社のような「エアコンの専門業者」が存在しているわけです

弊社では、「エアコン本体のご購入のみ」のご注文ももちろんOKです。

ですが、新設・入替工事もご予定の場合は、
是非とも商品のご購入とセットで工事もご依頼されることをオススメします!

弊社はアフターフォローもしっかりやります!
「商品はネットで。取付け工事は別途安い業者で」
というスタイルからいい加減に脱却しませんか!?


工務店や家電量販店がエアコン工事の依頼を断るケースとは?

「連絡線がφ2.0mmでないと工事しません」

家電量販店や工務店の店員に

「エアコンの既設配管は『φ1.6mm』ですか?では、配管の再利用はできませんね」
「『φ2.0mm』じゃないとエアコン工事の対応はできませんよ?」


と、「渡り配線の規格(太さ)」を理由に工事を断られたご経験はありませんか?

上記のご経験のある方は、製品のご購入と取付工事のご依頼を併せて是非弊社までご相談下さい。
エアコンと室外機の接続は「φ1.6mm」のケーブルでも工事可能です!

※ 配管の再利用が可能な場合もあります。

詳しく知りたい方はコチラで詳細をご紹介しています。

⇒ 『渡り配線の接続工事は「φ1.6mm」でも問題ない?

難しい工事や複雑な工事は対応できない

家電量販店等では、
基本的には「ルームエアコン」などの一般家庭用壁掛タイプを中心に
エアコン販売を行っています。

技術を要する工事を伴うような機器取付けの依頼は、
基本的に家電量販店ではまず対応することができません。

なので、ルームエアコン以上の複雑な工事(※専用回路の敷設等の電気工事も含む)や
特種な技術が必要な工事については、いくら依頼しても断られてしまうのです。

「エアコン購入だけネットショップで安く購入。取付け工事業者は別途探す」

という手法が巷で流行っていますが、果たしてそれでホントに大丈夫ですか?
どこに工事を依頼しても断られて困っている人が増えているそうですよ。

弊社では、製品の価格についてのご相談から
ご購入、取付・交換工事の費用まで全てセットでご案内することが可能です。

エアコンは工事を伴う特殊な家電製品です。「安ければ何でもいい」という発想は、
結果的にはお客様ご自身を苦しめることになります。

ルームエアコン以外は基本扱っていない

「2」と非常に関連した話になりますが、結局は「そういうこと」なのです。

つまり、「ルームエアコン」のような一般家庭用「壁掛タイプ」以外のエアコンは
量販店ではほとんど扱われていません。

ですので、例えば、分譲マンションなどや
高級住宅に設置されることの多い「住宅設備用(ハウジングエアコン)」や
飲食店、オフィス、ビル、病院、施設等での設置事例の多い
「業務用(パッケージエアコン)エアコン」は、
家電量販店ではまず販売されていません。(もちろん、依頼しても工事はやってくれません。)

弊社では、
住宅設備用から業務用エアコンの「購入と取付け工事依頼」をご案内することが可能です。
何故なら、弊社は「エアコンの専門業者」だからです。

「TESエアコン(東京ガス製)」から電気式エアコンへの交換工事も是非弊社にご依頼下さい。
ガスエアコンの入替工事は弊社の最も得意とする分野の工事です。

マルチエアコンや業務用エアコンのご購入・取付け工事については、
是非弊社「エアコン専門館」までご相談下さい!