Now Loading...

工事エリア | よくある質問

 

知ってますか? エアコンの選び方のポイント




まずチェックしたいのが、「適用畳数(部屋の広さ)」です。よく目にする、【8〜12畳】というような表示は、畳の枚数でエアコンの能力を示しています。
これは、「8〜12畳の部屋に最適」という意味ではなく、「一戸建て木造住宅なら8畳、マンションなどの鉄筋集合住宅では12畳の部屋が最適」という意味なのでご注意ください。
エアコンを選ぶときには、冷房の数値を目安にしがちですが、余裕を持って選ぶなら、暖房の数値を目安にしましょう。





各メーカーにより機能・特色がそれぞれあります。 ライフスタイルにあった機能を見極めて、必要な機能がついている機種を選択することをお奨めします。自動フィルター清掃機能はお問い合わせでも多い機能ですが、事前にメーカー情報や口コミなどで調べておくのも良いでしょう。





特に冷房の使用頻度が高くなる夏場は、故障・不具合のお問い合わせが増加し、工事も大変混み合います。工事予約も取りにくくなるので、利用頻度が上がる繁忙期になる前に事前運転で確認しておくことをお奨めします。夏本番になる前に対策をしておきましょう









業務用エアコンの能力は、「馬力」で表記されます。 業務用の場合、同じ面積の事業所でも、業務内容によって必要な能力が変わってきます。 たとえば冷房時、物販店と飲食店では、熱源が多くなる飲食店のほうが 空調の効きが悪く感じられるため、より高い能力が必要となります。空間の用途に応じて能力を選ぶようにしましょう。


どれくらいの能力が必要かの計算は、時間帯や人数、建物の構造等の環境要因によって変わるため正確に算出することは困難ですが、業種と事業所の面積ごとに必要な馬力の大体の目安をまとめた、業務用エアコン能力早見表 がございますので、参考になさってください。

なお、マルチエアコンの場合は、馬力の表記は、すべての台数を合わせた場合のものとなります。例えば「8馬力ツイン」と表記があった場合、1台あたり約4馬力相当、2台併せて8馬力分の能力になるという意味になります。




業務用エアコンの形は実に多岐にわたりますが最も多く採用されているのは、天井埋め込み型(天井埋め込みカセット型)です。室内のスペースを食わず、室内に配管が見えないなど内装面でのメリットが大きく、特に4方向型は空調ムラもできにくく、業務用ではかなりのシェアを占めています。天井埋め込み型の設置には、天井懐(天井と屋根の間のスペース)が35cmほど必要です。

天井埋め込み型が設置できない場合でも、埋め込み型と同等の空調効果が得られる天吊り型、設置が容易な床置き型壁掛け型等もございます。