Now Loading...

工事エリア | よくある質問

 

美容院におすすめの格安業務用エアコン

美容院におすすめのエアコンを探す



美容院の業務用エアコンをお探しのお客様

美容院の算出基準負荷冷房は「230 〜 290 W/屐です。
美容院は、ヘアーアイロン用の過熱器具、ドライヤー、洗髪用のお湯等、熱源の発生要素が非常に多いのが特徴です。そのため、算出基準負荷冷房は平均よりも高めに設定されているようです。長時間同じ位置にお客様が座ることがありますから、エアコンのフロー(風向)に配慮して空調機を設置します。美容院では天井埋め込み形のエアコンが割と多いようです。

「算出基準負荷冷房」について
当ホームページに掲載の「算出基準負荷冷房」は、 「ダイキンエアコン(空調) 容量(馬力)から選ぶ」の記載に基づいています。

算出基準負荷冷房は、簡単にいいますとエアコンの冷房運転でお部屋の空気を冷やす際にお部屋から排出する熱量を指します。

例えば、夏は他の季節よりも太陽光による地熱の上昇率が高いです。ですので、「5月〜9月」の間は他の季節に比べて「算出基準負荷冷房」が高くなる傾向があります。


また、火や熱湯を多用する「ラーメン屋」、ドライヤー機器・お湯などを用いる「美容院」、パソコンや電子機器が密集しているサーバールームなど、高い熱源がたくさん存在する環境においても「算出基準負荷冷房」は上昇する傾向にあります。

一般に、「算出基準負荷冷房」が高い環境であればあるほど、それに見合う馬力・能力のエアコンが必要になります。

馬力が高めのパッケージエアコンが美容室に必要な理由
美容院は、熱源の種類がとにかく多いのが特徴ですね。例えば、ストレートパーマ用のスタンド形過熱装置やパーマ用アイロン、ドライヤーに洗髪台の給湯設備(シャワー台やおしぼり等)などがあります。

美容院・床屋ではこのほかにも細かい設備や散髪用の器具が所狭しとおかれています。

このように、店内の熱源の多さやオフィスのスペース上の事情から美容院では能力(馬力)の高い天井埋込形4方向のエアコンが設置されていることが多いです。

形式、能力、メーカーから美容院にふさわしいエアコンを探す!




用途、目的から業務用エアコンを探す




おすすめの関連記事ご紹介