Now Loading...

工事エリア | よくある質問

 

病院・待合室の業務用エアコンを探す

病院・待合室等におすすめのエアコンを探す



病院内や待合室用の業務用エアコンをお探しのお客様

病院、待合室の算出基準負荷冷房は「190 〜 230 W/屐です。
病院内や待合室は飲食店等と比較して大きな熱源はほとんどありません。ですので、一般的な事務所・オフィス系の算出基準負荷冷房とほぼ同等といえます。ただ、病院の規模によっては構造が大きい建物もありますので、下限を「飲食店」と同じ「190以上」としています。

「算出基準負荷冷房」について
当ホームページに掲載の「算出基準負荷冷房」は、 「ダイキンエアコン(空調) 容量(馬力)から選ぶ」の記載に基づいています。

算出基準負荷冷房は、簡単にいいますとエアコンの冷房運転でお部屋の空気を冷やす際にお部屋から排出する熱量を指します。

例えば、夏は他の季節よりも太陽光による地熱の上昇率が高いです。ですので、「5月〜9月」の間は他の季節に比べて「算出基準負荷冷房」が高くなる傾向があります。

また、火や熱湯を多用する「ラーメン屋」、ドライヤー機器・お湯などを用いる「美容院」、パソコンや電子機器が密集しているサーバールームなど、高い熱源がたくさん存在する環境においても「算出基準負荷冷房」は上昇する傾向にあります。

一般に、「算出基準負荷冷房」が高い環境であればあるほど、それに見合う馬力・能力のエアコンが必要になります。

形式、能力、メーカーから病院・待合室にふさわしいエアコンを探す!




用途、目的から業務用エアコンを探す




おすすめの関連記事ご紹介